漫画やラノベの感想を書くよ。

Menu

漫画やラノベの感想を書くよ。

HOME > スポンサー広告 > ワールドトリガー 第103話「玉狛第2 7」 解説のまとめで分かる隊長の役割HOME > ワールドトリガー > ワールドトリガー 第103話「玉狛第2 7」 解説のまとめで分かる隊長の役割

最新記事

ランキング


にほんブログ村 漫画ブログへ

検索フォーム

プロフィール

ルイ

Author:ルイ
マイブーム
【漫画】
 ワールドトリガー

【ラノベ】
〈物語〉シリーズ


リンクはご自由に。
相互リンクに関してはコメントでお声をおかけください。

カテゴリ

ランキング(PV)

タグクラウド


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事 前の記事
『学糾法廷 完結編』はほんとうにつまらなかったのか ハイキュー!! 第158話「助太刀」 理性の力はどこまで通じるのか
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
この漫画は解説や感想シーンがいいですね。
太刀川さんも今回は結構マジメだったと思う。
ラストにはちょっといけ好かない感じの二宮さんが登場。多分後々好感度が上がるタイプだこれ。


こちらは週刊少年ジャンプ26号に掲載されている『ワールドトリガー』の感想です。

ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックス)ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックス)
(2015/03/04)
葦原 大介

商品詳細を見る




ワールドトリガー 第103話「玉狛第2 7」

地味に東さんの株が上がってましたね。




■勝敗の分かれ目
修と来馬は似たタイプでしたが、行動には少し差がありましたね。
遊真に任せた修の判断は結果的には良かったが。

「結果だけ見て戦術語るのは意味がないぞ」
太刀川さんいいコトいいますね。いい台詞だ。いい台詞はなくならない。
遊真が鋼に勝つかどうかが、チームの勝敗に大きく影響したのは確実。



■二宮匡貴(20)
二宮隊の隊長さんが登場。次の相手のひとり。
エンブレムがあるので、元A級でしょうね。

自信過剰タイプで、プライドは高そうだ。
肝心なところでヘマするタイプだと、多分好感度が一気に跳ね上がるw

修はもちろん、千佳に対しても分析してましたね。
「人が撃てない」は読者も薄々気付いていた部分だ。



■まとめ
解説のまとめが非常に分かりやすく、かつ読み応えがあった。
会話がおもしろい少年漫画は実は最近かなり少ない。

ポイントとしては序盤の千佳の砲撃、遊真と鋼の勝敗、修の判断力、そして来馬の戦いぶりかな。
もちろん那須の強さなどは前提として。
それと熊谷、日浦の活躍を迅さんが解説していたのが良かった。あれは解説されないと分からない。時間が作用することを解説したのは今回は迅だけだったかもね。鋼に対しても待てていたら戦況が変わったことを指摘していました。

会話パートは鋼に厳しい太刀川、来馬評価アップなどが個人的にはおもしろい。
共に実力や過去を知っているから指摘できる部分だ。

二宮に関しては、次のランク戦まで間があるので、しばらく登場しないかもしれない。
ちなみに次号は表紙&巻頭カラー。




ランキング参加中
 にほんブログ村 漫画ブログへ


次の記事 前の記事
『学糾法廷 完結編』はほんとうにつまらなかったのか ハイキュー!! 第158話「助太刀」 理性の力はどこまで通じるのか
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:http://manganovel.blog.fc2.com/tb.php/190-77702848
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。