漫画やラノベの感想を書くよ。

Menu

漫画やラノベの感想を書くよ。

HOME > スポンサー広告 > 『学糾法廷 完結編』はほんとうにつまらなかったのかHOME > 考察するよ(仮) > 『学糾法廷 完結編』はほんとうにつまらなかったのか

最新記事

ランキング


にほんブログ村 漫画ブログへ

検索フォーム

プロフィール

ルイ

Author:ルイ
マイブーム
【漫画】
 ワールドトリガー

【ラノベ】
〈物語〉シリーズ


リンクはご自由に。
相互リンクに関してはコメントでお声をおかけください。

カテゴリ

ランキング(PV)

タグクラウド


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事 前の記事
ワールドトリガー 第104話「玉狛支部 7」 ヒュースの処遇と玉狛の取引について ワールドトリガー 第103話「玉狛第2 7」 解説のまとめで分かる隊長の役割
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する



週刊少年ジャンプで連載を終了した後、ジャンプ+で最終回を迎えた『学糾法廷』について。
つまらないの定義とか、期待から生まれるものとか。
別にフォローするつもりはありません。ただ最終回のみを否定するのは何か違う気も。




『学糾法廷 完結編/小畑健×榎伸晃』はほんとうにつまらなかったのか

完結編だけが悪いということは『ない』




■つまらないとはいったい何だ?
まず完結編が思いの外注目を集めていたことに驚いてます。
週刊少年ジャンプというのは人気と掲載順位が直結している雑誌ということもあって、本来なら中盤以降は掲載順位がよくなかった(控えめに言っても)学糾法廷がこれほど注目されるというのはおそらく異例。
理由としては週刊少年ジャンプでの最終回が『それなりに気になる引き』だったからでしょう。
あと終盤では面白いエピソードもあったので、そこも影響したのかもしれません。

とはいえ、だからといって、ジャンプ+での完結編に期待するというのは少しおかしな話だ。
学糾法廷の感想を普段は書いていなかった感想サイトまで取り上げていたりもするのだから、謎めいた注目のされ方である。
それこそ普段ジャンプ+を読んでいない人も学糾法廷のためにジャンプ+にアクセスしたのではないだろうか。

そしてそういった感想サイトでは大抵、この漫画を批判している。
批判は別にいい。
が、最終回だけ批判するというのはやはりおかしい。

最終回『だけ』批判するというのは、学糾法廷に『期待』していたものの考え方だからだ。
彼らはどこに期待していたのか。
つまらなかったものがラスト1話でおもしろくなるとでも思っていたのだろうか。


面白い漫画というのは序盤である程度は決まっている気がする。
もちろん面白いと思っていた漫画が途中からつまらなくなったり、その逆もあるだろう。けれどそれでもほとんどの漫画は『つまらなくなった』時点でその後も大抵はつまらない展開や流れが続くものである(※主観が含まれています
そういったこともあり『学糾法廷 完結編』はつまらなかったという意見には少しの反逆を。
管理人が感想ブログで感想を書くとしたらむしろこう書く。

学糾法廷は基本つまらなかったけど、最後は少し面白かった。

そう、むしろ完結編は少し面白かったのである。
それどころか週刊少年ジャンプでスーパーつまらなかった漫画と踏まえて読むと『普通に面白い』まである。


■期待し過ぎた結果がこれ!
おそらく完結編を読んで「この漫画はクソだ」と思った人は、学糾法廷という漫画に過度な期待をしていたのだと思う。
逆に管理人などは、「どうせ大したオチも無いんでしょ」ぐらいのテンションだった。だからジャンプ+で完結編を読んだ時には綺麗に終えてくれた事に少し感動した。

こう書くと管理人のことを「この程度の漫画で感動するとか今まで大した漫画読んでないんだな」――と思うかもしれない。
しかし実際はその逆。
打ち切り漫画の最終回を数多く読んできたからこそ綺麗に終わってくれるだけでも有難いと思ってしまうのだ。

もちろん寒いなと思った部分もある。具体的には――

「死んだよ……俺の心に居た『憎しみ』って名の『赤鬼』はな――……」

週刊少年ジャンプのラストでも精神的なことを口にしていたが、その影響もあってかなりスベっていたように思える。。芸人がほんとの意味でスベった時のような空気だ。
鳥肌が立った人がいたとしても、それを咎めるのは酷というもの。

『赤鬼』の定義にふと西尾維新っぽいなと思ったが、それとも少し違う。
そもそも西尾維新はそういうスベりかたはしない(と思う
ただちょっと『めだかボックス』でありそうな台詞ではあった。



■最後に……
文章構成を意識せずに書いたので後で恥ずかしい思いをしそうだ。

とりあえず言いたいのは、作品に裏切られたかのような感想を書いている人がちらほらいるけどそれはズレていないか?
というような事を言いたかった。
あんまり読んでいないのに批判しているように思えるんですよ。

逆に『やっぱりつまらなかった』というような感想は面白い。
実際にそういう感想を書いている人もいてひっそりと楽しませてもらいました。


ところで散々学糾法廷が良くない漫画のように書いていますが、実はそれほどわるい作品と思っているわけではない。
話の流れ、設定などは個人的には有りだし、一応筋も通ってる。

ただ子供の敵が子供になってはいけない。
完結編が少し面白いと思ったのは、そこが解消されていたからだ。
子供に悪影響を与えるものがいるとしたら、それは大人である必要がある。
学糾法廷のスタイルだと子供が頑張って大人を改心させるという流れが一番しっくりくるのだ。

だから個人的には第16話(パインの父親であるライチパパが負けて改心する)などは面白かった。




※記事の最終更新日は2015/12/29です


ランキング参加中
 にほんブログ村 漫画ブログへ


次の記事 前の記事
ワールドトリガー 第104話「玉狛支部 7」 ヒュースの処遇と玉狛の取引について ワールドトリガー 第103話「玉狛第2 7」 解説のまとめで分かる隊長の役割
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:http://manganovel.blog.fc2.com/tb.php/191-75f899a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。