漫画やラノベの感想を書くよ。

Menu

漫画やラノベの感想を書くよ。

HOME > スポンサー広告 > ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 レビューHOME > 西尾維新 > ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 レビュー

最新記事

ランキング


にほんブログ村 漫画ブログへ

検索フォーム

プロフィール

ルイ

Author:ルイ
マイブーム
【漫画】
 ワールドトリガー

【ラノベ】
〈物語〉シリーズ


リンクはご自由に。
相互リンクに関してはコメントでお声をおかけください。

カテゴリ

ランキング(PV)

タグクラウド


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事 前の記事
僕のヒーローアカデミア No.55 vsステイン決着! デク達の処分は……? ハイキュー!! 第170話「アイデンティティ」
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
戯言シリーズ第5弾。
死なない研究、密室に近い殺人事件。
匂宮出夢、匂宮理澄、狐さんなどはここで初登場。

講談社ノベルス版を買った人は、カバー裏側を見てみましょう。
読んだ後でね。



ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社ノベルス)
ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫)


内容
「…具体的に、あなたは何の研究をしているのですか?木賀峰助教授」「死なない研究―ですよ」永遠に生き続ける少女、円朽葉をめぐる奇怪極まりない研究のモニターに誘われた“戯言遣い”こと「ぼく」は、骨董アパートの住人・紫木一姫と春日井春日とともに京都北部に位置する診療所跡を訪れる―が、そこに待ち受けていたのは凄絶な「運命」そのものだった!“一人で二人の匂宮兄妹”―“殺し名”第一位の「匂宮」が満を持して登場する、これぞ白熱の新青春エンタ。戯言シリーズ。





ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 レビュー
西尾維新(著) 竹(イラスト)


なかなか良いミステリーだけど、クビシメロマンチストの時同様に事件とは別の角度からも問題が発生する。
読者は戯言シリーズの世界観にどっぷり浸かる事になるだろう。

『死なない研究』などは中盤ですでにどうでも良くなってくるが、それに関わった人間に関しては後々も尾を引くことになる。
今後の作品を読んだ後に、読み返したくなった読者も多いのではなかろうか。

戯言シリーズのなかでは分厚い本だが、序盤はノリが軽いので比較的読みやすい部類。
春日井春日の存在は大きいね。
サイコロジカルに比べるとかなり自由。おそらくだがシリーズで一番のフリーマン。


木賀峰約と円朽葉


木賀峰約は巫女子ちゃん曰く大人の女性――という感じらしいが、途中から一周回ってバカに見える不思議。
度が過ぎた適当っぷりである。
あるいは変人になろうとしてなれなかった成れの果てかもしれない。

円朽葉
不老不死の少女。
彼女は狐さんの台詞と、化物語を読んだ後だと怪異のようにも思える。間違って化物語のキャラクターが登場したという考えはどうだろう。


匂宮出夢、理澄


作品のキーになっている。
狐さんも個性を置いていったが、確かに哀川潤の関係者というのは衝撃だが、本作においては彼らがキーだ。

バカのような振る舞いと、時折見せる鋭さを持つ出夢。
無防備だが安定剤として機能する表の顔、理澄。

2人の性質は、どこぞの看護師でもない限りすぐには見抜けないかもね。

ただ批判するわけではないけど、作者のミスリードが強い作品でもあった。
匂宮がどういう者達かを知っている人間であれば、推理の必要すら無いわけだしね。
多重人格探偵サイコのネタを持ち出すなど、1人で2つの人格という印象を植え付けようとしている――ように感じた。




にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング(ライトノベル)参加中


次の記事 前の記事
僕のヒーローアカデミア No.55 vsステイン決着! デク達の処分は……? ハイキュー!! 第170話「アイデンティティ」
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:http://manganovel.blog.fc2.com/tb.php/215-d7fcc85a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。