漫画やラノベの感想を書くよ。

Menu

漫画やラノベの感想を書くよ。

HOME > スポンサー広告 > ワールドトリガー 第128話「ガロプラ 7」 レビューHOME > ワールドトリガー > ワールドトリガー 第128話「ガロプラ 7」 レビュー

最新記事

ランキング


にほんブログ村 漫画ブログへ

検索フォーム

プロフィール

ルイ

Author:ルイ
マイブーム
【漫画】
 ワールドトリガー

【ラノベ】
〈物語〉シリーズ


リンクはご自由に。
相互リンクに関してはコメントでお声をおかけください。

カテゴリ

ランキング(PV)

タグクラウド


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事 前の記事
ワールドトリガー 第129話「ガロプラ 8」 レビュー ワールドトリガー 第127話「ガロプラ 6」 レビュー
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する


遠征艇を守りながらの戦い。
精鋭同士という事もあり、駆け引きがありますね。
ヒュースがガロプラに接触するかどうかも見所。




以下ネタバレあり


第128話「ガロプラ 7」 レビュー

週刊少年ジャンプ8号に掲載されたワールドトリガーの感想です。


■武器の考察
読者視点だとガロプラのトリガーだけが新しく見える。
が、実際にはガロプラ見てもボーダーのトリガー新しいものが多いようだ。
カメレオンもそうだし、小南の双月(斧)も知らない相手には特に強い。

風間、小南、太刀川の攻撃を全て防いだのはそういう意味でも凄い。
精鋭部隊っていうのも納得。
トリガーを使えば使うほどポテンシャルが高い方が有利。


■軽い方と重い方
名乗ってないな、そういえば。
こういうところがワートリらしい。

軽い方(ラタリコフ)が方が防御は弱いんだろうけど、重い方(ガトリン)の方が攻撃を当てやすそう。
どちらにせよ小南は重い方を相手にしたほうが良い感じ。
ガトリンのリアクションで小南の攻撃力が良く分かる。


■総評
少し盛り上がりに欠けたかな。
新しいトリガーも出てきたけど、まだインパクトに欠ける。
実際鋼が防いでいなかったら不味かった事を考えると相当な威力だったんだろうけど。

「踊り手(デスピニス)」は対照的に小技って感じで、ちゃんと相性が見えるのがいいですね。
強さというより相性で選ばれた感じがします。
連発できるし、トリオン消費も少なそうだ。

ラストにヒュースが登場したけど、彼を先に見つけるのが迅であれば助かる感じかな。
陽太郎が先に見つけるとピンチっぽい。




ランキングバナー
 にほんブログ村 漫画ブログへ


次の記事 前の記事
ワールドトリガー 第129話「ガロプラ 8」 レビュー ワールドトリガー 第127話「ガロプラ 6」 レビュー
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:http://manganovel.blog.fc2.com/tb.php/243-e8b1c72a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。