漫画やラノベの感想を書くよ。

Menu

漫画やラノベの感想を書くよ。

HOME > スポンサー広告 > 最近読んだ漫画 第2回「転生したらスライムだった件、想造、HUNTER×HUNTER、ほか」HOME > 打ち切り、最終回を迎えた漫画 > 最近読んだ漫画 第2回「転生したらスライムだった件、想造、HUNTER×HUNTER、ほか」

最新記事

ランキング


にほんブログ村 漫画ブログへ

検索フォーム

プロフィール

ルイ

Author:ルイ
マイブーム
【漫画】
 ワールドトリガー

【ラノベ】
〈物語〉シリーズ


リンクはご自由に。
相互リンクに関してはコメントでお声をおかけください。

カテゴリ

ランキング(PV)

タグクラウド


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事 前の記事
ワールドトリガー 第141話「玉狛第2 12」 感想 ワールドトリガー 第140話「玉狛第2 11」 感想
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する


『転生したらスライムだった件』はニコニコ静画でも連載が始まりましたね。
なお小説版は『小説家になろう』で読めます(無料で

『HUNTER×HUNTER』は一応再開したので、触れておこうかなと。
面白くはない時でも、面白い感はありますね、この漫画は。


今回取り上げるのはこちら
・転生したらスライムだった件
・想造
・HUNTER×HUNTER
・ワールドトリガー
・インベスターZ





最近読んで面白かった漫画 第2回

念能力が出てないことで念って必要だなって思いました。


■転生したらスライムだった件
最近流行りの異世界系ノベルが原作。
小説版の本ストーリーは完結しています(小説家になろう版のみ

『オーバーロード』とかが好きな人ならハマるんじゃないかな。
俺つえー感には飽き飽きだけど、序盤の面白さは結構抜けてます。
変に萌えに走っていないのも好感が持てる。

ただやっぱり俺つえー感がちょっと辛い。
能力アップに制限無さ過ぎだしね。
ワートリみたいに補助系主人公だったらもうちょっとハマった。


■想造 / kemori
昔ながらのSFといった内容。
途中ありきたりな展開もあるんだけど、設定自体は割りと好きなので読めました。
画力は新人ってレベルでは無いです(普通に上手い

ジャンプ+、ジャンプルーキーなどで読めます(ただしジャンプ+では1話のみ


■HUNTER×HUNTER 350話(週刊少年ジャンプ20号)
1年と8ヶ月ぶりの再開。

クラピカがメイン。
ビスケとのやりとりは面白かったです。
結構おバカですよね、クラピカって。
ビスケとの口論が自身の口の悪さが招いたことに気付いていないのがやばい。
気付いていたらキルアの助言も必要なかっただろうに。

話的にはじっくり読むと面白みがあるけど、やはり念での戦闘や駆け引きがないとダメなんじゃないかな。
絵的にも面白い展開に期待したい。


■ワールドトリガー 第140話こちらでも書いてます
面白いんだけど、未だに誰も落ちていない影響かな、盛り上がりには欠けるかもしれない。

三雲サイドが明らかに危ないけど、ベイルアウト覚悟で戦っているようなのでそれも織り込み済みかな。
千佳の援護もあるので案外修の生存率は高いかもしれない。
本感想でも書いたけど、出水パイセンの言うように誰かが千佳のところへ向かったほうが良いと思う。
一番弱いのが修だとしても、倒すのに時間が必要なら後回しのほうがいい。


■インベスターZ(モーニング21号)
勝敗が覆ったことの理由が面白いと思ったんだけど、考えてみるとアホだった。
スポーツなどを引き合いに出していたけど、そもそも選手に勝敗を覆す権利、力などは無いからね。
なのでルールが変わった時のことを考えておけ――というのは理屈に合わないのである。

突き詰めるとルールを決める側が権力者であればあるほど、それに従わないといけないっていう、ただそれだけのこと。
それに対応することよりも、そういう人間に近づかないことを学んだほうがいい。





今回はこれぐらいで。
地味にタイトルを変更しました(「最近読んで面白かった漫画」→「最近読んだ漫画」
面白いわけではないけどツッコミたくなる時ってあるじゃん?


 にほんブログ村 漫画ブログへ
ランキングバナー


次の記事 前の記事
ワールドトリガー 第141話「玉狛第2 12」 感想 ワールドトリガー 第140話「玉狛第2 11」 感想
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:http://manganovel.blog.fc2.com/tb.php/259-3ea662fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。