漫画やラノベの感想を書くよ。

Menu

漫画やラノベの感想を書くよ。

HOME > スポンサー広告 > ほんとに終わった『錻力のアーチスト』について考えるHOME > レビュー(漫画) > ほんとに終わった『錻力のアーチスト』について考える

最新記事

ランキング


にほんブログ村 漫画ブログへ

検索フォーム

プロフィール

ルイ

Author:ルイ
マイブーム
【漫画】
 ワールドトリガー

【ラノベ】
〈物語〉シリーズ


リンクはご自由に。
相互リンクに関してはコメントでお声をおかけください。

カテゴリ

ランキング(PV)

タグクラウド


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の記事 前の記事
この世界に0パーセントはない? 藤本タツキ『佐々木くんが銃弾止めた』 ワールドトリガー 第146話「玉狛第2 14」 感想
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
週刊少年チャンピオンで連載されていた野球漫画『錻力のアーチスト』について。
野球漫画……だったよね?

作者は不良漫画が得意な細川雅巳。
同雑誌では過去に『シュガーレス』を連載。




錻力のアーチスト



どのような結末を迎えるのか、少し気になっていたのですが……。


野球を使って男と男の勝負を描いた何か

野球漫画ということで、野球や野球漫画好きの評判がそこそこだった作品。
……なんだけど、別にこれ野球じゃなくてもいいよねってシーンが結構多い。
良くも悪くも大味で、技術よりも気持ち、精神力などが強さのパラメータになってる。

男と男の戦いを抽象的に描いた作品――と捉えたほうが良い気がする。
精神的に良い状態にあると出るヒット、ホームランなどが印象的。
特にホームランは笑えるぐらい発生する(ボールに気持ちが乗ればピッチングも良くなる

それと本作は基本的に強い者が100パーセント勝つという世界観で成り立っている。ヘボいピッチャーが凄いバッターと対峙するととんでもない事が起きる。
10割バッターが普通にいても不思議ではない世界観である。
リアリティどこいった。


物語よりキャラクター

物語として妙だなと思ったのが、八子遼一朗の存在である。
八子というのは主人公のライバルキャラのような位置づけとして登場し、最後の試合でも対戦校にいた。
――が、補欠のまま出番がないという結末を迎える。

このキャラは一体何だったのだろうか。
性格的に難のあるキャラクターを活躍させたがらないという作者の悪癖が反映されたような気もする。
安保を活躍させるのにも躊躇いが見えたし、精神的な弱さが見えるキャラクターを活躍させるのは苦手なのかもしれない(ちなみに安保は終盤ちょこっと活躍した


続きはあるか?

休載を挟んでどうなるのか、という流れが一時期あったのだが、結局流れもそのままに最終回を迎えてしまった。
最終回自体も「え、これで終わりなの?」って感じである。

別紙でも連載しているので作者の疲れもあったのかもしれない。
描く気力は尽きかけていたけどキリの良い所までは頑張ろう、ぐらいの感じだったのかもしれない。

展開的には続きが描かれる可能性もあるが、週刊少年チャンピオンでの最終話の扱いはあまり良いものではなかった。人気も少しずつ低下していたので、それほどピックアップする気は無かったのだろう。
個人的には続きがあっても良いと思うのだが、期待は出来そうにない。




ランキングバナー
 にほんブログ村 漫画ブログへ


次の記事 前の記事
この世界に0パーセントはない? 藤本タツキ『佐々木くんが銃弾止めた』 ワールドトリガー 第146話「玉狛第2 14」 感想
バナー
コメント
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:http://manganovel.blog.fc2.com/tb.php/273-e01febb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。